精神科勤務の男性看護師

最近では男性の日勤常勤看護師も増加しています。医療現場での仕事は大人の人を抱きかかえたり、重い機材を持つなど力仕事も結構あるので、男性がいると重宝されるようです。精神科で働く男性看護師も、いろいろな面で頼りにされています。内科や外科などの一般的な診療科と違い、精神科での勤務は特有の難しさがあります。

精神的な疾患を抱えている患者さんは、時々精神的に不安定になり、暴れてしまう こともあります。そんな時女性の看護師では対応が難しい面もあります。 暴れてしまう患者を取り押さえて落ち着かせたりするのは、男性看護師の方が 向いている時もあるでしょう。

また精神科では患者どうしのトラブルもよく見られます。大声をあげたり、中には 暴力的な行為をしてしまう人もいるでしょう。そんな時も、男性看護師が頼りにされる 場面は多いようです。

他の診療科ですと女性看護師の数が圧倒的に多く、職場が女性だけということも あると思います。でも精神科では、先に述べたような状況から、男性看護師が 求められることもよくあるようです。

もちろん精神科でも落ち着いた患者はいますし、トラブルばかり起こっているわけでは ありません。女性の患者さんなどは、やはり女性の看護師に見てもらいたいと希望する ケースも多いので、男女両方の看護師が必要だと思われます。

ただ、精神科の場合は患者さんが力で対抗してきた時に備えることが、他の診療科と 比べてより重要になってきます。ですから、あえて男性看護師を配置することも あるのです。 男性で看護師を目指している方は、このように男性が求められている職場を 希望すると歓迎されることでしょう。

看護師の職場は女性が多いため、その中で男性が働くのは多少苦労する部分もあると 思います。ですが、いざという時に男性ならではの力を発揮したり、患者同士の トラブルにも進んで取り組んでくれると、職場でなくてはならない存在になれるでしょう。 精神科という場所だからこそ男性看護師として活かせる部分を発揮できそうであれば 就職もうまくいくと思います。

メニュー

ページの先頭へ