看護師は時間の過ごし方でストレスが変わる

いつまでもだらだらと仕事をしていると、質の良い医療を提供することはできません。可能な限り能率を高めつつ、仕事を進めることが重要です。看護師のみならず、一般的なビジネスマンにおいても同様のことが言えます。

できるだけ最高のパフォーマンスが発揮できるように、物事に全力投球できるというのは、仕事の質を高める上では重要です。 看護師はストレスの多い職場環境であるとされています。逼迫した時間の中で多くの業務をこなしながら、生命を扱うという立場に立たなければなりません。

のしかかるプレッシャーは非常に大きいことが、専門的知識を有していない方であっても認識できるはずです。 しかし、看護師として責任を持って働くためには、オンとオフの時間をしっかり線引きすることが重要です。時間の過ごし方次第でストレスを減らすことは容易です。

最近では休憩時間にフィットネスの器具を用いて運動を取り入れたり、院内でサークルを発足したりと、課外活動を設けたストレス発散も行われています。 いずれの場合も看護師の業務とは別の切り口からストレスへのアプローチを図っているのです。ただし、こうした外的要因のみをこだわっていては、肝心の仕事面でのストレスはそのままです。

だからこそ、仕事中でもストレスが過度にかからないような環境も、適切な医療サービスを提供するためには重要です。 看護師がストレスを感じることなく働けるようにするためには、業務の質に戴する見 直しが必要になる場合もあります。自分でも仕事面で何らかのストレスがかかる要因があるのであれば、改善に向けて行動することも必要です。

まずは一日の業務の中で負荷のかかるものを洗い出すことによって、ストレスを受けないようにするための方策を導くことができます。時間を意識しながら最高の仕事ができるようになるだけでも、働くことに対する満足度が異なります。

今まで以上に働きやすい職場にするためには、勤務ごとにすべきものを列挙しつつ、ルーチンワークとしての枠組みを確立することが、今後入職する後輩のためにもなるはずです。

メニュー

ページの先頭へ