転職をお考えの方は要チェックです!

日勤常勤看護師 → 日勤常勤看護師のいろいろな職場

日勤常勤看護師のいろいろな職場

看護師というと、病院でテキパキと働くイメージがあります。 昔から「白衣の天使」と言われている職業なので、白衣を着てナースキャップを かぶっている姿を思い浮かべる人も多いでしょう。
保育園看護師、パート求人の注意点

看護師の日勤常勤になろうと思った時、まず考える職場は病院ということが多いと思いますし、 看護学校でのカリキュラムも病院でナースとして働くことを前提に作られています。 でも実際には、看護師の職場は病院だけではありません。 実にいろいろな場で、看護師は活躍しているのです。

病院に近いところでは、クリニックや保健センターなどがあります。 クリニックや診療所は、病院と比べて規模は小さいものの、仕事内容は 病院とあまり変わらないことが多いようです。

一方保健センターなどでは、怪我や病気の人ではなく、健康な人が予防のために 施設を利用することが多いものです。 看護師は、治療のために力を尽くすだけではなく、このように予防のための 仕事もしているのです。

また、企業で働く看護師もいます。企業内で看護師が活躍するとは意外かも しれませんが、いろいろな仕事があるのです。 たとえば社員の健康を管理するために企業内の保健室のような場所で働く 看護師もいます。

病院の看護師は夜勤があることが多いので、これを敬遠して夜勤のない所で 働きたいと考える人もいるようです。最近の日本は高齢化が進んでいますし、介護施設などでも看護師が求められています。

もちろん介護の仕事は介護士が行いますが、入所者の健康チェックなどで 看護師が活躍しています。 大きな病院に勤務する場合はさまざまな患者が訪れますが、介護施設では 高齢者を相手に仕事をすることになります。

どんな職場を選ぶかによって仕事の内容や環境も大きく変わりますので、 いろいろと熟慮した上で職場を決めた方が良いでしょう。 自身のキャリアアップを第一に考えるなら、忙しい現場で難しい仕事にチャレンジ するのもいいと思います。また家庭や趣味も大切にしながら働きたいなら、 時間的にゆとりのある仕事を選んだ方が無理なく続けられるでしょう。